γ-GTPの数値が高い

γ-GTP(ガンマジーティーピー)の数値の見方や数値が高くなる原因、対処法についてご紹介します。

γ-gtpとは?

「γ-gtp (ガンマ-gtp)」とは、たんぱく質を分解する役割を持つ酵素の一種です。「ガンマグルタミルトランスペプチダーゼ」の略称であり、アミノ酸を生成するさいに欠かせない酵素として知られています。胆道から分泌されて肝臓の解毒作用に係っていますが、胆道が胆石やがんによって詰まると、γ-gtpを含む酵素が逆流し、血中濃度が高まってしまいます。このため、血中のγ-gtpを検査することで、アルコール性肝機能障害や肝硬変といった病気の早期発見に繋がるのです。γ-gtp の基準値は男性が50IU/l 以下、女性が30IU/l 以下とされています。

γ-gtpが高い値であると、肝機能障害や他の肝臓の病気が疑われるため、さらに詳細な検査が必要とされます。γ-gtpはアルコールに敏感に反応する性質があり、普段から飲酒の習慣がある人は特に数値が上がりやすくなります。ただし最近では、あるコールに関係なくても非アルコール性脂肪性肝炎が原因でも、γ-gtpの値が上昇することがわかっています。γ-gtpは健康な人であれば、一時的に数値が上昇しても一定期間の禁酒後に再検査すれば、アルコールが原因の上昇かどうかがわかります。

γ-GTPの数値の見方

γ-GTPは肝臓でつくられる酵素のひとつで、お酒の飲みすぎや肥満、薬の影響などで数値が上昇します。

厚生労働省によると、基準値は男性が50IU/l以下、女性が30IU/l以下とされており、これを超えると肝機能の異常が疑われます。

γ-GTPの数値が高くなる原因

アルコールの過剰摂取

最も多い原因は、アルコールの過剰摂取です。γ-GTPは肝臓はもちろん、膵臓にも含まれている酵素で、解毒の際に多量につくられます。

アルコールをあまり摂取していないのにγ-GTPの値が高い場合は、その他の原因が考えられます。

肥満・栄養過剰

運動不足やカロリーの高い食事を摂ることで、身体に脂肪が付くだけでなく、肝臓に脂肪が付く「脂肪肝」の状態になることもあります。

脂肪肝は肝機能の低下を引き起こすため、γ-GTPの値が高くなる原因のひとつとされています。

薬の服用

アルコールをあまり摂取せず、肥満体形でもない場合は、服用している薬が原因となっている場合もあります。

肝臓には薬剤の代謝をする働きもあるため、薬の影響が出やすい臓器なのです。薬だけでなく、サプリメントや漢方でγ-GTPの値が高くなるケースもあります。

γ-GTPの数値を改善する方法

お酒と上手に付き合う

お酒の飲みすぎに心当たりがある人は、本当であればお酒の量を減らしましょう。

健康診断の前など、1週間~1ヶ月程度の禁酒期間や、週に2~5日程度の「休肝日」を設けるといいでしょう。

量を減らしたり、お酒をやめたりしても、数値が改善しない場合は、アルコール以外の原因が考えられます。

運動・食事制限

肥満体形で普段からカロリーの高いものを好んで食べている方は、運動や食事制限で、体脂肪を落としましょう。

まずは身体に負担の少ないウォーキングなどの有酸素運動からスタートし、食事はヘルシーな和食を心がけてください。体脂肪を落とすことで、肝機能の改善も期待できます。

服用している薬について相談する

普段服用している薬や漢方がγ-GTPの値に影響する場合もあるため、1度かかりつけのお医者さんに相談するといいでしょう。

不要な薬の摂取をやめることでγ-GTPの値が改善する可能性もありますが、必ず医師と相談の上で薬の見直しを行ってください。

γ-GTPの数値を高いまま放置した場合

肝臓の疾患は痛みや自覚症状がないことが多く、進行に気付きにくいのが特徴です。

γ-GTPの値が高いまま放っておくと、アルコール性肝障害・肝硬変・慢性肝炎・肝臓がんなどを引き起こす可能性があります。

健康診断や人間ドックで値の上昇が指摘されたら、早めに対処しましょう。

γ-GTPが高いと、発症リスクがある病気

急性肝炎

肝炎ウイルスの感染の他、薬物アレルギーが原因の肝障害やサイトメガロウイルスやヘルペスウイルスなど…肝炎ウイルス以外のウイルス感染が主な原因とされています。肝炎ウイルスにはA型からE型までの5種類があり、急性肝炎はこの何れのウイルスでも起きます。

慢性肝炎

6か月以上にわたって持続するタイプの肝臓の炎症を言います。日本では慢性肝炎患者は約120万人以上と推定されており、その9割がB型もしくはC型の肝炎ウイルスの持続観戦です。アルコールが原因の場合は慢性肝炎とは呼びません。

肝硬変

肝細胞の破壊が続くことにより、細胞の再生が間に合わず繊維が増え、肝臓が硬く小さくなることを言います。肝臓の繊維化が進むと元には戻らなくなり、肝臓の代償能が機能しなくなるなどの症状が見られます。

肝がん

肝がんは「肝細胞がん」の他、胆管細胞がんや、他の部位のがんが転移した転移性肝がんなどが存在します。羅患率・死亡率は男性の方が高く、原因の多くはC型肝炎、もしくはB型肝炎、アルコール性肝炎とされています。

アルコール性肝障害

過度な飲酒によって肝臓に障害が生じる病気です。肝細胞の中に中性脂肪がたまり、肝臓の機能が低下して肝臓が大きくなり、自覚症状はほとんどありません。日本酒に換算して5号を0年以上飲み続けるとかかりやすいとされています。

非アルコール性脂肪性肝炎

飲酒の習慣がないのに発症する脂肪肝のことを言います。生活習慣の乱れや内臓肥満、ストレスなどが原因で脂肪肝になるとされており、非アルコール性脂肪肝から非アルコール性脂肪肝炎を発症し、放置すれば肝がんの可能性もあります。

薬剤性肝障害

抗生物質や解熱鎮痛剤、精神系の薬剤などが原因で起きる肝障害を言います。抗がん剤などで起きることが多く見られており、肝臓に対する毒性をもった薬剤や、個人の体質が原因とされています。

胆管結石

胆汁の中に含まれている、コレステロールやビリルビンが結晶となってできたものを結石と言います。肝臓内の胆管にできたものが胆管結石と呼ばれており、症状がない場合も痛みが生じる場合もあります。

胆管がん

胆汁の通り道にできる悪性腫瘍のことです。70代・80代に多いとされており、年齢と共に発症率と死亡率が上がります。胆管の壁が薄いことやリンパ節が豊富なことから、がん細胞が広範囲に及びやすいのが特徴。

膵臓がん

膵臓から発生した悪性腫瘍のことであり、9割以上が膵管にできます。見つかりにくく、早期の内から浸潤や転移しやすいのも特徴的。太い動脈に浸潤すると腫瘍の大小にかかわらず手術が困難になり、約7割の手術で治療は不可能とされています。

γ-gtpを下げる成分・食べ物

ビタミン・ミネラルの効果

ビタミンやミネラルは肝臓での栄養素の加工や貯蔵、アルコールや薬などの解毒、胆汁の生成や分泌にかかせない成分です。またダメージを受けた肝機能の改善を促進させる働きがあります。

肝機能が低下するとビタミンやミネラルを作る力や、蓄える力が衰えるため、常時摂取するようこころがけましょう。

ビタミンとミネラルの両方が豊富に含まれている食品は、みそ・きのこ・海藻・野菜などがあげられます。これらの食材を効率よく摂取するには、タンパク質を加え、主食・主菜・副菜とバランスの取れた食事をとることが大切です。

アミノ酸(オルニチン)の効果

アミノ酸(オルニチン)は、脂質・アルコールの代謝促進・アンモニアの解毒など肝機能において大きな役割を果たします。そのため、オルニチンを継続摂取すると、ALT・γ-GTP・ASTの数値が改善される可能性が高くなると判明しています。

オルニチンを含む食品にはキハダマグロ・ヒラメ・チーズ・パンなどがありますが、その中でも効率よく摂取できるのが含有量の多いしじみです。1日の摂取量の目安は100mgから1g。

過剰摂取による副作用の報告はありませんので、普段の食生活やサプリメントで摂取して肝機能の改善をはかりましょう。

セサミンの効果

ゴマに含まれている抗酸化作用のあるセサミンの摂取により、肝機能の改善や向上が期待できるといわれています。特に抗酸化力が低下する40代以降では、セサミンの摂取で脳や体の老化の抑制が期待できるでしょう。

セサミンが優れているのは、腸から吸収された後、肝臓までしっかり届く点です。ゴマには白ゴマ・黒ゴマ・金ゴマなど多くの種類がありますが、各栄養成分の違いはそれほど大きくありません。

ただ、セサミンはゴマの皮の内部に存在するので、そのまま摂取するのではなく、すりゴマや練りゴマにして効率よく体に取り入れましょう。

スルフォラファンの効果

活性酸素が規定以上に多くなると、脂肪肝や慢性肝炎、さらには肝硬変や肝がんなどの病気を引き起こす要因となります。スルフォラファンが持つ抗酸化作用は、ストレスを受けた肝臓を守り、肝機能を改善に導きます。

スルフォラファンを効率よく摂取するなら、ブロッコリースプラウト(新芽)がおすすめです。特に発芽して日数の経過していないブロッコリースプラウトほど、スルフォラファンの含有率が高いと判明しているため、自宅でのスプラウト栽培でいつでも摂取できる状態をこころがけるとよいでしょう。

スルフォラファンの摂取は加熱をせずに生でよく噛んで食べるのが大切です。サラダや料理のトッピング、スムージーなどでいただきましょう。

クルクミンの効果

クルクミンはショウガ科ウコンの根に存在するポリフェノールの一種。ウコンは根茎からとれるスパイス「ターメリック」としてご存知の方も多いでしょう。

クルクミンは肝臓のストレスや炎症の抑制、肝機能改善や強化に作用します。国際機関JECFAでは、健康に影響のない1日のウコンの摂取量は体重1キロあたり3mgと規定しています。通常の食事で摂取する分においては過剰摂取になる心配はおよそないでしょう。

ただし、ウコンに特化した健康食品の摂取では、肝臓への負担増やアレルギー症状など副作用が報告されています。また商品によっては多量の鉄が含まれている場合があるので、鉄過剰になりやすいC型慢性肝炎者は注意が必要です。

タウリンの効果

タウリンは心臓・肝臓・肺・骨髄・脳など人間のあらゆる組織に含まれ、その量は体重の0.1パーセントと微量ながらも欠かせない成分です。

タウリンは幹細胞の回復を促すため肝機能の向上や、胆汁酸との結合によってコレステロールを減少させる役割があります。タウリンが豊富に含まれている食品は、軟体動物のイカやタコ・貝類・牡蠣などです。タウリンは水溶性成分のため、これらの食品を焼くとタウリンの含有量が減ると考えられています。したがってイカやタコの場合は刺し身、貝類や牡蠣なら鍋やスープにして食べるのがおすすめです。