食事

肝機能の数値を下げる食事を心がければ、肝機能は回復するのでしょうか?効果的な食事方法や食材などを解説します。

食事に期待できる肝機能改善の効果

脂肪肝の改善

健康診断で肝臓の数値が悪い「肝機能要注意」と診断された場合、まずは1ヶ月断酒してみましょう。

肝臓は非常に回復力の高い臓器のため、多少数値が悪くても、1ヶ月の断酒で機能回復が期待できます。1ヶ月の断酒の後に数値を測り、どの程度回復したかチェックしてみましょう。

代謝機能の改善

20~30代で若くて回復力のある年代の方は、一週間の断酒で肝機能の改善が見込めます。まずは1週間断酒して、数値を測ってみましょう。

1週間であまり肝臓の数値が改善していないようなら、2週間に延長してください。元気な肝臓なら、2週間で回復することがほとんどと言われています。

肝機能の改善に効果的な食材

しじみ

「二日酔いの朝にはしじみの味噌汁」という言葉が知られている通り、かねてから肝臓によい成分として知られるオルニチンが配合されています。

そして近年、しじみの身に含まれる成分だけでなく、その貝殻を焼成して形成されるカルサイトという成分が、肝臓の機能を改善する効果をもつ可能性があるのではないかと言われており、研究が進められてます。

ウコン

カレーの色素のスパイスとして知られ、また成分を配合したドリンク剤などでもお馴染み。この10年ほどですっかりお馴染みの食品となりました。

そんなウコンには飲みすぎや食べ過ぎなどで弱まった肝臓の働きを正常に戻してくれる効果や、アルコールの分解・解毒作用の向上があります。

さらには、抗がん剤としても効果が期待できる可能性があるのではないかと、マウスを用いた実験によって明らかになってきています

スプラウト

言葉自体の意味は「発芽」や「新芽」という意味する、英語の“sprout”から来ていますが、ここでは特に、ブロッコリーの新芽のことを指しています。

見た目はかいわれ大根に似ており、スーパーマーケットの野菜コーナーなどで見かけることも多くなってきました。

肝臓本来の解毒作用を高め、また抗酸化や抗炎症などの作用もアップ。肝機能マーカーの数値を改善する効果もあるとされています。

肝機能の改善に効果的な食事の注意点

飲みすぎを防ぐためには、食べ物と一緒にお酒を飲んだり、ノンアルコールドリンクを挟んだりするのがおすすめです。

近年、ノンアルコールドリンクでも、お酒と同じような快楽が味わえることがわかってきました。

また、どうしても禁酒が難しい場合は、サプリメントなどを日ごろから取り入れてみることも手です。