肝機能の数値を下げる方法

肝機能の数値を下げるためのさまざまな方法をまとめているほか、上手なお酒との付き合い方もまとめています。

肝機能の数値を下げる方法1:食事

食事療法で肝機能は改善するのでしょうか?また、肝機能を改善する食事とはどのような料理なのでしょうか?

そんな疑問を解消するため、食事療法を行う前の数値と食事療法後の数値の比較のほか、2週間分の献立やレシピ、ストレスが肝臓に与える影響についてもご紹介します。

肝機能の数値を下げる方法2:サプリメント

手軽に日常に取り入れられる、「肝機能の健康をサポートするサプリ」を使った実験を行いました。

サプリメントを飲みながら2週間生活し、その様子や実験前後の肝機能の数値を比較します。果たしてサプリメントはどのような効果をもたらすのでしょうか?

肝機能の数値を下げる方法3:運動

毎日の生活に運動を取り入れることでも、肝機能の改善が期待できます。運動療法のもたらす効果や、肝機能の改善に適した運動、運動療法を取り入れる際の注意点についてご紹介します。

肝機能の改善だけでなく、あわせてダイエットや健康を目的としている方も要チェックです!

肝機能の数値を下げる方法4:禁酒

一定期間お酒を絶つことで、肝機能は改善します。どのくらいの期間、禁酒すればいいのか、また適切な休肝日についてご紹介します。

お酒の適量や飲みすぎを防ぐポイントについても解説しているので、本当はお酒の量を減らしたいと考えている方必見です。

肝機能の数値を下げる上手なお酒の飲み方

空腹を避け、つまみと一緒に飲む

お酒に含まれるアルコールのほとんどは、胃で吸収されます。空腹時にお酒を飲むと胃がただれたり、胃潰瘍の原因となったりすることも。

飲酒前に、胃を保護する役割があるとされる乳製品をとるのがおすすめです。また、肉・魚・野菜など、栄養バランスの良いつまみをお酒と一緒にとりましょう。

利尿作用のあるカリウムを摂取する

お酒を飲みすぎてしまったときは、アルコールを尿として排出できるよう、利尿作用のあるカリウムを含む食品をとりましょう。

カリウムが多く含まれているのは、果物や生野菜などです。果汁で割ったお酒を飲んだり、カットフルーツや野菜スティックをつまみにしたりするといいでしょう。

入浴前は飲酒を避ける

お酒に酔った状態でお風呂に入ると血圧に影響が出て、心臓発作や脳卒中を起こす可能性があります。

入浴やサウナで酔いを醒まそうとするのはやめましょう。「汗をかくとアルコールが抜ける」と言う人もいますが、かえって身体には悪影響で危険な行為です。