スプラウト

スプラウトの肝機能改善に期待できる効果や、有効成分に関する情報をまとめています。

肝機能改善に効果的なスプラウトとは

スプラウトという言葉自体あまり耳慣れないという方もまだまだ多いかもしれません。

「発芽」や「新芽」という意味の英語“sprout”が元々の語源で、近年では野菜の新芽、とりわけブロッコリーの新芽のことを指しています。

見た目はかいわれ大根に似ていて、最近ではスーパーマーケットなどで見かける機会も増えてきています。

そもそもブロッコリーは日本の食卓でもすっかりお馴染みの存在ですが、その新芽までは食材として意識していなかったという方が大半でしょう。

しかし、肝臓に不安を抱える方にとって見逃せないメリットがあることが分かり、大いに注目を集めているのです。

スプラウトに期待できる肝機能改善の効果

ALT、AST、γ-GTPの数値の数値改善

健康診断などで目にする「肝機能マーカー」と呼ばれるALT、AST、γ-GTPの数値は、肝臓機能の状態を表しており、平均より高くなると要注意という状態になります。

ブロッコリーのスプラウトには、これらの肝機能マーカーの数値を下げる効果があることが分かり、まさに注目が高まっているのです。

そもそも肝臓は体内に入ってしまった毒素有害物質、アルコールなどを分解・解毒する働きを担っています。

しかし、暴飲暴食やストレスなどで肝機能が低下するとその働きが弱まり、また肝臓自体がダメージを受けやすくなるといった悪循環に見舞われるのです。

それが、肝機能マーカーの数値の悪化となって示されるのですね。

そこでブロッコリースプラウトです。後述するスルフォラファンという成分は、毒素を解剖する酵素の働きを活性化し、肝臓本来の解毒作用を高めます。

また、抗酸化や抗炎症などの作用もアップすることが研究によって明らかになっています。

スプラウトに含まれる肝機能改善に有効な成分

スルフォラファン

肝臓マーカーの数値を減少させる成分として、スルフォラファンは注目されています。

成熟したブロッコリーにも含まれていますが、新芽であるスプラウトは、実に30倍もの含有量があるとされており、効率的に摂取するには、まさにスプラウトがうってつけなのです。

またスルフォラファン以外にも免疫機能を高める働きのあるカロテンやビタミンのC,E,B群、カルシウムやカリウムなども豊富とされています。