ごま

こちらではごまを取り上げ、肝機能改善に期待できる効果や有効成分に関する情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

ごまに期待できる肝機能改善の効果

塩と一緒にお赤飯やおにぎりにふりかけたり、ハンバーガーのバンズにまぶされていたり、調味料としてごま油を用いるなど、日本人の食生活にはすっかりお馴染みとなっています。

そんなごまは古くから栄養価が高い食品として知られており、生薬として用いられてきた歴史があることでも知られています。

なかでも、肝臓の機能回復が期待できる効果は、まさに朗報と言ってよいでしょう。

肝臓の働きを高め、悪玉コレステロールを減少

ごまに含まれるセサミンという成分は、胃腸では分解されず、門脈という血液を肝臓へと運ぶ静脈から吸収される性質があり、肝臓へ直接作用するのが大きな特色です。

セサミンが肝臓に吸収されると、肝臓自体の働きを高め、アルコールの分解に関わる酵素の働きも活性化させることで肝臓自体にかかる負担も軽減。

そして善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果ももたらされます。

強力な抗酸化作用を発揮

肝臓には元々、特殊な酵素を作る働きが備わっており、その抗酸化作用によって活性酸素を減らし、老化防止やアンチエイジング、血管障害の予防や改善などに寄与しています。

しかし、加齢によってその機能が減少してしまいます。ごまには、そうした抗酸化作用を増大させる成分が含まれているのです。

ごまに含まれる肝機能改善に有効な成分

セサミン

セサミンは、ごまの種子に含まれるゴマリグナンという脂溶性の抗酸化物質を構成している成分です。ゴマリグナンはごまの成分の約1%で、そのゴマリグナンの50~60%がセサミンとされています。

健康食品についてのテレビ番組やコマーシャル、雑誌の特集記事、通販サイトなどでも頻繁に取り上げられていますね。

セサミンは肝臓に直接吸収されやすい性質があり、高い抗酸化作用によって肝臓本来の働きを高めたり、肝臓自体を保護する働きが期待できます。

そのほか肝機能改善に有効な成分

セサミン以外にも、セサミンと同じように高い抗酸化力を持つアントシアニンやトコフェノール(ビタミンEの一種)、さらにはカルシウムやマンガン、リン、銅、鉄、亜鉛といったミネラル類なども含まれています。