コーヒー

コーヒーの肝機能改善に期待できる効果や、有効成分に関する情報を紹介しています。

コーヒーに期待できる肝機能改善の効果

コーヒーがお好きな方にとっては、まさに朗報。近年の研究によって、コーヒーには肝機能の改善に大きな効果があることが分かってきているのです。

そう聞いて、意外に思われる方も多いかもしれません。コーヒーはどちらかといえば嗜好品に分類されるので、控えなければならないものとつい思ってしまいがちです。

ご安心ください。実は逆で、肝機能改善のためには積極的に摂取すべきものなのです。

もちろん大量に飲めばいいというものではなく――カフェイン依存など別の悪影響をおよぼすため、1日あたり3杯程度が適量です。

肝臓がんや肝硬変の予防を促進

国立がん研究センターをはじめ世界の研究機関などでも、事例が報告されています。

例えばコーヒーをよく飲む人と、まったく飲まない人を比較したところ、肝臓がんの前段階として知られる肝硬変の発症率が1/5という結果が出たそうです。

これはクロロゲン酸という成分に強い抗酸化作用があり、肝臓によい結果をもたらしていると考えられています。

肝機能マーカーの数値も抑制

コーヒーには健康診断でお馴染み(?)のALT、AST、γ-GTPの数値を抑制する効果も。

九州大学が行った研究によれば、普段コーヒーをよく飲む人の数値は、飲まない人に比べ、いずれも低く抑えられていることが明らかになったとのこと。

特に飲酒量が多い人ほど、コーヒーによる数値の抑制効果が出ているのだそうです。

コーヒーに含まれる肝機能改善に有効な成分

クロロゲン酸

ビタミンやカルシウムなどと比べると、あまり耳慣れない成分ですが、コーヒーが肝機能改善をもたらす立役者と言ってよい存在です。

コーヒー豆に含まれているポリフェノールの一種で、コーヒー豆ひと粒あたり5%~10%程度と豊富に含まれています。ちなみにカフェインの含有量は1%~2%ですので、カフェインよりも多いのですね。

なお、参考までに付け加えておきますと、このクロロゲン酸は緑茶には含まれていないとのこと。

緑茶をよく飲む人を対象に行った調査においても、コーヒーをよく飲む人のような肝機能改善の徴候は見られなかったそうです。