もやし

もやしの肝機能に対して期待できる効果や、有効成分に関する情報を解説していきます。

もやしといえば、豆類や穀物などを発芽させたものをさしますが、
天気などにも左右されず安定して大量に栽培することができることもあり、スーパーなどでも安価で手に入り、
様々な料理にも使えることから多くの家庭やお店で利用される食材です。
細長い見た目とは裏腹に、もやしは昔から胃腸を整えて、肝機能を高めるとも言われています。
まずは、もやしに期待できる効果について紹介していきます。

もやしに期待できる効果

肝機能が低下すると、ビタミンが不足が起こりやすくなります。
もやしには、ビタミンB1、B2などのビタミンB群が多量に含まれています。

ビタミンB群は肝機能を正常化させる働きがあり肝機能改善のために役立ちます。
他にもタンパク質やアミノ酸、ミネラル、ビタミンCまで含まれており、栄養分を
豊富に含んでいる食品です。
また肝臓はタンパク質が臓器の大半を占めていますが、もやしに多く含まれる、植物性のたんぱく質が弱った肝臓に活力を与えてくれます。

もやしの種類について

続いては、もやしの種類についてみていきます。

日本では、大豆を種子にしたもやしが主に生産されています。

もやしに含まれる主な栄養成分

続いて、もやしに含まれる主な栄養成分を紹介していきます。