アルコール性肝障害とは

アルコール性肝障害は何が原因で、どのような症状が出るのでしょうか?症状と原因、対処法について詳しく解説します。

アルコール性肝障害1:肝炎

肝炎には、「アルコール性肝炎」と、B型肝炎・C型肝炎などの「ウイルス性肝炎」があります。

何が原因で肝炎にかかるのでしょうか?また、肝炎に気づくポイントはあるのでしょうか?

肝炎の症状と原因、放置するとどうなってしまうのかについてご紹介します。

アルコール性肝障害2:脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が蓄積してしまった状態のことです。

なぜ肝臓に脂肪が付いてしまうのでしょうか。また、蓄積した脂肪を落とすためにできることはあるのでしょうか。

脂肪肝にみられる症状や、脂肪肝になりやすい人、原因について詳しく解説します。

アルコール性肝障害3:肝硬変

肝硬変は、肝臓がダメージを受け続けることで繊維化し、固くなってしまった状態のことをいいます。

肝硬変は改善できるのでしょうか、そして、どんな症状が出るのでしょうか。

肝硬変を引き起こす原因や症状、放置するとどのように進行してしまうのかについてご紹介します。

アルコール性肝障害4:肝がん

肝がんは、肝臓にがんができてしまった状態です。肝がんは治療が難しいとされていますが、予防や早期発見は可能なのでしょうか。

また、どんな人がなりやすいのでしょうか。肝がんにみられる症状や原因、進行するとどのような状態になるのかを解説します。

アルコール性肝障害となる原因

肝炎・脂肪肝・肝硬変・肝がんになる原因のひとつに、アルコールの過剰摂取が挙げられます。

適量を超えたお酒を飲み続けることで肝臓が炎症を起こしたり、脂肪肝になってしまったりするのです。

そのまま放置すると肝硬変や肝がんに進行してしまう可能性もあります。

アルコール性肝障害の対処法

肝臓の異常にアルコールが関わっている場合、禁酒することで改善が見込めますが、難しい場合はサプリメントなどで補う方法が望ましいでしょう。

また、適度な運動を取り入れて、肝臓に付いた脂肪を減らすことも有効と言われています。

ウイルス性肝炎などアルコール以外が原因の場合、医療機関で適切な治療を受けることが大切です。