ビタミンB

ビタミンの一種であるビタミンBが肝臓の機能にどのような影響を与えるのか、そのメリットや効果、摂取するためのおすすめ食材などをご紹介します。

ビタミンBに期待できる肝機能改善の効果

ビタミンは身体のあらゆる調子を整え、機能を向上させる役割を持つ重要な栄養成分です。その中でもビタミンBは特に肝臓と深い関係を持っており、ビタミンB1やB2といったビタミンB群の働きにより、肝機能の向上が期待されます。他にもビタミン類はたくさんありますが、肝機能にピンポイントに働きかけたいならビタミンBを摂取してみましょう。

肝臓のビタミンとして働く

肝臓には有害物質を分解・解毒したり、タンパク質からアミノ酸を合成したり、必要に応じて栄養素を血液中に放出したりといった様々な役割があります。その働きに加わっているのがビタミンB群の存在。

ビタミンを蓄える働きを持つ肝臓は、ビタミンが不足することで一気に機能が低下してしまいます。ビタミンB群は肝臓に貯蓄されるビタミンとして働きを見せるため、肝臓の機能を向上させるために役立つのです。

身体の疲労を回復させる

身体を動かした後の疲労や、乳酸などの疲労物質が溜まった際にこれらを改善に導きます。つまり疲労回復に効果的な働きを見せ、人の身体をリフレッシュさせてくれるわけです。食欲の不振や不安、集中力不足などの状態を緩和させる働きも持っているため、身体の調子が悪いときに取るのがおすすめ。

手足のしびれやむくみの解消にも利用できることから、身体の調子を万全に整えておきたい日などに活躍してくれます。

ストレスの解消・緩和

ビタミンB群には人が感じているストレスを緩和・抑制する働きが期待できます。強いストレスでイライラしているときや、漠然とした不安でストレスに悩まされている時などに積極的にビタミンBを摂取してみましょう。

またビタミンBにはストレスが原因の目の充血や、肌荒れ、口内炎といった症状を抑制する働きも期待されています。ビタミンBの摂取で症状が緩和され、ストレスに気が付くというケースもあるでしょう。

ビタミンBが豊富に含まれている食品

豚もも肉

たんぱく質も含まれている豚肉は、ビタミンBの補給にも適しています。豚もも肉やロースハムなどがおすすめ。

大豆

大豆や大豆製品にもビタミンBが含まれています。豆腐や納豆、豆乳、味噌などを積極的に食べましょう。

玄米

玄米もビタミンBの補給におすすめです。玄米茶にしたり、主食の米に玄米を混ぜたりなど、食生活に馴染ませやすいですよ。