ビサクロン

こちらでは肝機能を向上させる効果が期待されている、ビサクロンの働きやメリット、摂取するためにおすすめの食べ物をご紹介します。

ビサクロンに期待できる肝機能改善の効果

肝臓の働きと言えば、多くの人がお酒を飲んだ後のことを思い出すのではないでしょうか。肝機能はアルコールの分解のために大きな働きをする機能ですから、肝機能が弱まることで二日酔いが酷くなってしまったり、お酒を飲むたびに肝臓が弱まったりしてしまいます。

ビサクロンは二日酔いの効果をもたらすとされている成分で、ウコンエキスに含まれています。

アルコールによる肝障害の抑制

肝機能が弱まる原因の一つとして挙げられるのが、アルコールの摂りすぎ…いわゆる飲酒です。アルコールを摂取したときの肝機能に対するビサクロン含有ウコンエキスの影響を調べたところ、ビサクロンを与えた方のグループにはアルコール摂取時に生成される成分「AST」「ALT」の増加が抑えられていたのです。

これにより、ビサクロンにはアルコールを摂取したときの肝障害リスクを低減させる効果が期待できます。よくお酒を飲むという人は、ビサクロンの摂取で肝臓の健康を保ちましょう。

二日酔いの状態を改善

二日酔いは飲酒をする人にとって避けては通れない課題です。ビサクロン含有ウコンエキスを摂取することによって、飲酒後の自発的な運動量を指標とした二日酔いに対する効果を動物試験で検証されました。通常のグループは飲酒の翌日に自発運動量が30%にまで減少しましたが、ビサクロンを摂取した方のグループは、自発運動量が前日の70%程度でとどまったのです。

この結果により、二日酔いで生じる症状である自発運動量の低下が、ビサクロンによって軽減されることが分かりました。飲み会や晩酌などでアルコールをたくさん摂取する日には、ビサクロンを有効活用してみましょう。

炎症の抑制作用

ビサクロン含有ウコンエキスには抗炎症作用があるとされています。動物試験によって実験した結果、ビサクロン含有ウコンエキスを与えたグループには炎症を誘導する成分の増加が抑制されているのが分かりました。つまりビサクロン含有ウコンエキスには、アルコールを摂取した際の炎症を抑制する効果があるというわけです。

アルコールによる炎症は身体に様々なリスクを及ぼします。一般に「お酒が弱い」「二日酔いをしやすい」と言う人にもこのメリットは効果を示しますから、お酒の際にはビサクロンが有効的と言えるでしょう。

ビサクロンが豊富に含まれている食品

ウコン

肝臓の調子を整えて肝機能を促進させるビサクロンは、ウコンに含まれています。二日酔いの予防・対策として販売されているウコン飲料などから効率良く摂取できるでしょう。