アラニン

アルコールの分解と肝機能の強化において、大事な役割を果たすといわれる「アラニン」。具体的にどのような肝機能改善効果を期待できるのか、またどのような食品に多く含まれているのかについて、詳しく紹介していきます。

アラニンに期待できる肝機能改善の効果

肝機能を強化する成分としてのアラニンのプレゼンスは、二日酔い症状の改善とアンモニアの解毒・排出サポートにおいて発揮されています。順番にメカニズムをレクチャーしていきますので、チェックしてみてください。

二日酔いの原因「アセトアルデヒド」の分解を促進

肝臓に関わる身近な症状といえば、お酒の飲み過ぎで起こる二日酔いですが、実はアラニンはこの二日酔いをサポートするうえで重要な役割を果たしています。それは、二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」の分解を促進する作用です。

一般に、アルコールの代謝が悪くて二日酔いになった、という言い方は実際にはアセトアルデヒドの分解が十分でないことを意味しますが、アラニンはこのアセトアルデヒドの分解を果敢に促進し、肝臓や脳内にアルコールが残り二日酔いの症状が続くのを改善します。この点で、アラニンは肝機能の改善効果を持つ成分ということができるでしょう。

なお、お酒を少量しか飲んでいない場合でも、アセトアルデヒドの分解が遅い体質の人は、二日酔いの症状が出てしまう可能性があります。そういう方も含め、アラニンを定期的に補給しておけば、健全な肝機能を維持することができるでしょう。

アンモニアの解毒・排出をサポート

肝機能改善におけるアラニンの存在感は、アンモニアの解毒・排出においても光っています。どういうことかというと、アラニン不足で肝臓の機能が低下すると、有毒性のアンモニアが解毒されず血液中にたまってしまい、高アンモニア血症や脳症のリスクを高めてしまうということです。

アンモニアは肝臓内で解毒、尿素への合成、排出というプロセスを経ますが、アラニン不足で肝臓が十分に働かないと、一連の処理を行うことができなくなります。この意味においても、アラニンは肝機能を正常に動かすための大事な成分であることが分かるでしょう。

アラニンが豊富に含まれている食品

豚ゼラチン

アラニンは肉類や魚介類に多く含まれています。具体的には、「豚ゼラチン」「うるめいわし(丸干し)」「若鶏胸肉(皮なし・焼き)」「ごまさば(焼き)」「かつお(秋獲り・生」「豚肉ロース(生」「豚レバー(肝臓・生)」「鶏レバー(肝臓・生)」

魚介類では「牡蠣(生)」「あさり(生)」「しじみ(水煮)」「はまぐり(水煮)」などがあります。肉類では豚ゼラチンの9300mg(100gあたり)、魚介類でははまぐりの1200mg(100gあたり)が、それぞれ含有量の高い数値です。

アラニンは食品だけでなくサプリメントからも摂取することが可能で、様々な種類の商品が販売されています。